巫 涵菁 | 本社 営業 海外事業 部

日本という異国の地。そこで誓った、私の成長。

巫 涵菁 Ann Wu

2014年入社 本社 営業 海外事業部

台湾から急遽日本へ。新たなステージ。

海外事業GPと国内の翻訳作業などを多彩な業務領域をこなしているAnn。

オーストラリアでの大学時代に英語と日本語を習得。前職はCA。

【日本語】【英語】【台湾語】を話せる、台湾出身のトライリンガル。

はじめは、台湾で自分の語学力を活かせる仕事を探して就職活動をしていた。

そこで見つけたのが「オンデーズ」の求人募集記事。

日本、シンガポール、台湾に進出していたオンデーズ。

募集要項には【翻訳業務】と書かれていた。

自分の語学スキルを活かせるかもしれないと思い、エントリー。

新たなステージに挑戦したい一心で、面接を受けた。

面接の結果は「合格」。

日本での勤務は初めて。期待と不安が行ったり来たり…。でも、フィールドを変えて、新しい自分を見つけたい。そう思った。

焦りと不安。そして、成長の時。

初めて訪れた日本の本社には、日本人以外にも、たくさんの外国人が働いていた。

最初の印象は「色んな人がいるなぁ…」。ただ漠然と感じていた。でもどのスタッフも楽しそうで、なんだかキラキラして見えた。

さっそく日本での勤務開始。仕事は山積み。「日本」「シンガポール」「台湾」と国を超えたオンデーズスタッフを繋ぐ、社内情報の翻訳作業や、新たな国への出店に向けたマーケティングの調査資料作成…。

初めてのことばかりで、つまづいてばかり。思うように上手くいかないこともたくさんあった。

でも、オンデーズの一員として認められたくて必死に踏ん張った。高校卒業から故郷の台湾を離れ、現在。正直「帰りたい」と思うこともあった。戸惑うこともたくさんあった。

最初はどうしたらいいのかわからなくて、目標もできなくて、何ができるのか、自分には何にもないんじゃないかなって不安な日々…。

でもそんな時、声をかけてくれ、相談にのってくれたスタッフ達がいた。たくさんのアドバイスをもらった。心配してくれる人もいた。

「大切なのはAnnがどうしたいか。どうなりたいか。自分の気持ちを大事にね。」

嬉しかった。

日本という異国の地。

今までこんなにたくさんの日本人と働いたことはなかった。でもオンデーズには、悩んだ時に助けてくれる仲間がいることを知った。「もっと頑張りたい。みんなの力になりたい。」そう思うようになった。

何かを掴むまでは帰らない。

今とても楽しいと思うことは「みんなと一緒に働くこと。」

イキイキと働いているオンデーズのみんなの表情は私に勇気と元気をくれる。自分にはもっとできることがあるんじゃないか。そう思わせてくれる。

「私も、ここで成長する。」

不安だけど、そう決意した。

私は、オンデーズで何かを掴むまで帰らないと決めた。自分自身に納得できるまで、挑み続けるって決めた。

私には何ができるのかまだまだ未知数。でも、だからこそ目の前の仕事にきちんと向き合っていきたい。