薛 東元 | 近鉄あべの橋駅店 ショップスタッフ

薛 東元 Seol Dongwon

2017年入社 近鉄あべの橋駅店 ショップスタッフ

「興味が無い」を覆す会社。

僕は韓国出身で学生時代は山梨の大学に通っていたんですが、韓国は就職難だし、日本に比べると給料も低いし、福利厚生もよくなかったりという懸念点があって、大学卒業後は韓国には戻らずに日本で就職しようと考えていました。

就活でOWNDAYSにエントリーしたときは、実はそこまでOWNDAYSに入りたいとは思ってなかったんです。でも説明会に出席したときに、一気に志望度が上りました。

僕はメガネなんて興味がなかったし、メガネ屋に入ったことすらなかったんですけど、メガネの知識がなくてもしっかり学べる教育制度もあるし、外国人スタッフに対する制度も整っていたことがとても魅力的に感じました。外国人である僕の不安を拭ってくれたことが、入社への決意に繋がりましたね。

母国以上の働きやすさ。

入社時から近鉄あべの橋店で勤務していて、たまに新店オープンなどで販売応援に行ったりもしています。

外国人スタッフとしてはすごく働きやすい環境だと思いますね。元々社内に外国人スタッフが多いので、ビザの取得に関しても人事部の方が手伝ってくれますし、スタッフの方たちも多少言語の壁があっても理解してくれたりして、働いていて不安に感じることはほとんどないですね。

そうやって、自分が国籍関係なく自分らしく働けているのを実感しますし、韓国で働いていた時よりもOWNDAYSで働いている今の方があんまりストレスを感じてないなって最近気づきました(笑)

進む道を照らす自分の「やる気」。

OWNDAYSはやる気のある人にすごく向いている会社だと思います。

社内で成功している人はやる気のある人たちだし、同じように自分自身もやる気を出せば、やってみたい事に挑戦が出来る会社だと思います。

そういう環境なので、僕はやっぱりまずは店長になりたいですね。そして将来的に韓国にOWNDAYSが進出することになったら、是非その立ち上げにも関わって自分にしか出来ない仕事を見出したいなと思っています。