齋藤 敦史 Saito Atsushi

2013年入社 海外事業部 マネージャー

海外出店を任されて

オープンまでは問題の山積みでした。

スタッフの確保、商品の管理、デベロッパー対応…

とにかくゼロからの立ち上げだったので、なにからなにまで手探り状態で進めていました。

初めてのことばかりで不安でいっぱいでしたが、常に心に決めていたのは「何事も楽しんでやることを忘れない」ということ。

無事オープンの日を迎えたときは、達成感と「これからだ」という期待感で胸がいっぱいになりました。

海外勤務で得たもの

現在勤務しているプラザ・シンガプーラ店はオンデーズ海外店舗の最高のモデルケースを目指しています。

その為には、売上、お客様サービス、スタッフ教育…すべてにおいて高いレベルにならなければなりません。

しかしながら日本での「あたりまえ」は通用せず、様々な場面で文化や価値観の違いが生まれ、うまくいかないこともありました。

そんな時に助けてくれたのが現地のスタッフなんです。彼らが、さりげなくフォローしてくれたり、元気づけてくれたり、まだマネージャーとして経験が浅い自分を温かく支えてくれています。

私は、オンデーズ プラザ・シンガプーラ店で仲間と共に働く幸せを学びました。

今後の夢(目標)

シンガポールのメガネ業界はまだ市場が開拓されていません。高価格帯のメガネか低クオリティの安価なものしかないんです。

「オンデーズのメガネは高クオリティで安い」と喜んでお買上げいただく現地のお客様をみてもっと広めたい、メガネを必要とする多くの方々にオンデーズを知ってもらいたい、と強く思うようになりました。

オンデーズ プラザ・シンガプーラ店をきっかけにアジアから世界へとオンデーズを広めていきたいです。