挑戦できる場所。

中田 将也 Nakada Shoya

2013年入社 イオン那覇店 店長

チャンスが平等に。そして無限に。

たまたま参加した合同企業説明会。

「手を挙げれば出世できる」というオンデーズの社風を聞いて、興味を持った。

入社後、その社風は本当なんだと確信に変わる。

オンデーズには、チャンスが平等に、そして無限にある。

通常、社歴や経験値、年齢、学歴等で判断される役職はすべて立候補制。

誰にでも挑戦する権利が与えられていて、そのチャンスを生かすも殺すも自分次第。

挑み続けることができる環境の中で、自分のビジョンをいかに具体的に持つことができるか、その大切さに気付かされた。

チャンスを掴むまで、何度でも挑み続けることができる。

オンデーズの店長選考会の募集は、不定期。

不意に訪れるチャンスを逃さないように、常に自分の目標を明確にしていた。

手を挙げた選考会は5回。

そのうち4回は落選。でも諦めなかった。

チャンスを掴むまで、何度だって手を挙げることができる。

選考に敗れてもそこから学ぶこともたくさんある。

挑むことで、人よりも多くを経験出来たし、学ぶことが出来た。

5度目の選考会で店長に任命された時は、本当に嬉しかった。

やっと掴んだチャンス。必ず実績を生んで、さらなる次のステージへと進みたいと思った。

一人でも多く「挑戦する楽しさ」を伝えたい。

入社してから、仕事の楽しさや、やりがいを知ることができた。

挑戦する楽しさと厳しさを教えてもらった。

出会った仲間は、互いに刺激しあい、成長しあえるいいライバルたちで、上司には「がむしゃらに頑張れ。」と背中を押してもらえた。

だからこそ、今度は後輩や今いるスタッフの育成に力を入れて、一人でも多く「挑戦する楽しさ」を伝えられたらと思う。

オンデーズの立候補制度は、自分を知るチャンス。

自分もまだまだ成長段階。これからも挑み続けていく。