OWNDAYS
YEAR END PARTY 2018

2018年12月12日。

 

この日、東京・麻布十番の人気CLUB「ELE TOKYO」にてOWNDAYS YEAR-END PARTY 2018が開催されました。

毎年この時期に行われる、忘年会の域を超えたOWNDAYSの大忘年会。

OWNDAYS関係者が全国から続々とこの地に集結し、これから始まるイベントを前に心を躍らせます!

煌びやかなELE TOKYOのエントランスを越え、地下への階段を降れば、華やかなクリスマスカラーの照明で染められたフロアが来場者を出迎えます。

ビュッフェ台に並ぶのは、2018年世間を賑わせた田中社長の著書『破天荒フェニックス』からもじったフードメニューたち。

バーカウンターには通常のドリンクに混じって、この忘年会のために特別に作られた激辛カクテル『破天荒ドリンク』なるものが並び、田中社長がOWNDAYS再生までに嘗め続けてきた辛酸を再現したような辛さに、続々と挑戦者たちの悲鳴があがります(笑)

そんな悲鳴をかき消すようにクリスマス・クラブミュージックが大音量で流れる中、会場に集まったOWNDAYSスタッフたちは仲間と共にグラスを傾け、再会を喜び、写真を撮り合い、思い思いの楽しみ方で開会の時を待ちます。

19:30 OPENING

オープニングムービーの開始と同時に、勢いよく吹き出すスモークの演出に会場からは大きな歓声が!

2018年を締めくくるOWNDAYSの大忘年会、いよいよ始まります!

MCとしてステージに上がったのは、毎度お馴染みとなったOWNDAYS最強のエンターテイナー溝口Massa雅次 (CS向上プロジェクト所属) と、MC Massaの暴走に歯止めをかけるべく営業部から送り込まれたOWNDAYSのツヨカワクイーン小滝沙織 (東日本地区エリアマネージャー) 。

そして毎度OWNDAYSの社員研修の場に講師として招かれ、この日も我が物顔で来場した自称OWNDAYSのCTO (チーフ短パンオフィサー)、 短パン社長こと奥ノ谷圭祐さん (株式会社ピーアイ代表取締役) もステージに登場しました!

「なんで俺がMCに挟まれてセンターに立たされてんの!? わけわかんないんだけど!」

と混乱気味の短パン社長をお構い無しに、そのまま短パン社長による乾杯の挨拶!

乾杯の音頭に合わせて約300名のグラスが勢いよく掲げられ、最高の盛り上がりでOWNDAYS YEAR-END PARTY 2018がその幕を開けました!

19:45 OWNDAYS I.R.A.C. WORLD MAX 2019 日本代表決定戦

今回のメインイベントとなる「OWNDAYS INTERNATIONAL RIMLESS ASSEMBLING CONTEST」、通称「OWNDAYS I.R.A.C.」。

高度な技術力を要するリムレスフレームを、制限時間内にいかに美しく作れるかを競い、加工技術世界No.1を決める世界大会。

その世界No.1の座を手に入れた選手には、「OWNDAYS世界No.1」の称号と優勝賞金100万円が与えられます。

今回の大忘年会では、来年4月に行われる世界代表戦の出場権を決する日本代表決定戦が行われました。

全国各地での熾烈な予選を勝ち抜いてきた代表選手たちが、MCの呼び込みとともに特設ステージへと入場します。

=東日本代表=

「師匠殺しのマドモアゼル」篠田真子 (有楽町マルイ店)

「川崎大明神」大野翔悟 (東日本地区スーパーバイザー)

「ヤットコガンダム」長沢秀和 (ららぽーと立川立飛店 店長)

=中部・関西・北陸代表=

「変態ツーポ仮面」畑 昌義 (北陸地区スーパーバイザー)

=九州代表=

「反骨の明太子キング」石崎伸男 (イオンモール宮崎店)

「福岡の狂犬」山浦大輔 (イオンモール福岡伊都店 店長)

「解き放たれた肉食獣」東 雄太 (イオン香椎浜店 店長)

=沖縄代表=

「琉球女番長」川満 舞 (那覇国際通り店 店長)

フロアの中央に設けられたステージに全選手が出揃い、会場から一気に沸き上がる大歓声。

日本代表決定戦の制限時間は15分。地区予選よりも短い制限時間の中でリムレスフレームを加工し、その出来栄えの美しさを競います。

今年もフロア内は、熱い応援の熱気に包み込まれました。

選手たちが物凄い集中力でリムレスフレームを加工する中、あちこちで歓声が上がり、うちわが翻り、中には推し選手の真ん前に進み出て念を送るスタッフまで現れる始末…!

制限内に全ての選手たちが加工を終え、明石審査委員長率いる審査員によって直ちに審査が執り行われました。

日の丸を背負って世界大会に出場する日本代表選手は、果たして誰になるのか!!

20:45 きいやま商店 LIVE

『破天荒フェニックス』の表紙の顔はめパネルがフロアを行き交うフリータイム中、賑やかなジングルとともにステージに現れたのは沖縄石垣島出身のエンタメバンド「きいやま商店」!

沖縄、台湾でOWNDAYSとコラボレーションを行ってきたバンドが、この日は東京の地でも大暴れ!

従兄弟・兄弟で構成された3人による息ぴったりのパフォーマンスに、会場からは大きな歓声が上がります!

『オーシャンOKINAWA』『カーーニバレ』と立て続けに2曲歌い上げ、会場の空気感を最高潮に温めて次のプログラムへと繋いでくれました。

さすがはエンタメバンドと冠するだけあって最高のスペシャルライブでした!

21:00 LUCKY DRAW

みなさんお待ちかね、今年最後の運試し「Lucky Draw」の開始です!

来場者には受付時に1人1枚、番号が書かれたシールが配られており、抽選箱から引かれた番号の人に賞品が当たる!というもの。

用意された賞品は社内仮想通貨のマイルに始まり、dysonのドライヤー、Apple Watch Series 4、Nintendo 3DS LL、GoPro HERO 7、iPhone XR、MacBook Airなど豪華絢爛!

しかし自分の番号が引き当てられたからといって、ただではもらえないのがOWNDAYSのLucky Draw。

番号が引かれてステージに呼ばれるのは常に2名。そしてそこに用意されるのは、中身がわからない2つの箱。

dysonのドライヤー or ダイソーのドライバー…

Apple Watch or 生リンゴ付きの腕時計…

iPhone XR or ガスターテン…

MacBook Air or MacBook型ミラー…

箱の中身は涙が出るほどの豪華賞品か、はたまた涙が出るほどの残念賞か。

天と地ほどもギャップのある究極の二択に会場は終始大盛り上がり!

当選者の中には、せっかく引き当てた豪華賞品を女性社員に譲る男前な男性社員の姿も!

そんな男気溢れるスタッフには会場から賞賛の喝采が送られていました。

今年の運をきっちり使い果たしはあとは、ついに本日のメインイベントの結果発表です!

21:50 OWNDAYS I.R.A.C. WORLD MAX 2019

日本代表決定戦 結果発表

日本の命運をかけた結果発表を前に、緊張感を取り戻した会場内。

いよいよOWNDAYS I.R.A.C. WORLD MAX 2019 日本代表決定戦の結果発表の時を迎えます。

4月のOWNDAYS SUMMITで開催される、世界代表戦への出場が許されるのはわずか2名。

日本一の栄冠と世界代表戦への出場権を手にするのは果たして誰なのか!?

中央ステージに立ち並んだ選手たちは勿論の事、明石審査委員長とMC Massaも緊張の面持ちで発表の瞬間を待ちます。

暗闇の中鳴り響くドラムロールが止み、スクリーンに映し出されたのは…

第2位 大野翔悟 (関東代表)

スクリーンに結果が発表されたその瞬間、何が起きたか理解できずフリーズする大野選手。

一息遅れてようやく事態を把握したのか、雄叫びを上げて突き上げるガッツポーズに、関東陣から巻き起こる大野コール!

2015年に行われた第1回OWNDAYS I.R.A.C.のファイナリストが、4年越しの世界大会進出の切符を手にしました。

そして、日本一の栄冠を手にする第1位の選手の発表です。

ステージに残るのは石崎選手、山浦選手、長沢選手の3名。

いずれも過去に日本代表選手としてOWNDAYS SUMMITの舞台に登った歴戦の勇士たちです。

錚々たる顔ぶれに、会場の緊張感もピークへと達します。

再びドラムロールが鳴り響き、スクリーンに映し出されたのは…

第1位 長沢秀和 (関東代表)

感情大爆発で雄叫びと共にガッツポーズを突き上げる長沢選手!

昨年の日本代表選手の再選、そして2つの日本代表枠を関東が制した喜びで会場からは大歓声が上がります!

前回の屈辱を晴らすべく、日本初の優勝を高らかに宣誓した長沢選手と大野選手には、明石審査委員長より激励の言葉がかけられました。

4年連続で世界一の座を逃してきたOWNDAYS本家本元の地、日本。

今年こそは積年の屈辱を雪ぎ、世界No.1の称号を日本に持ち帰ってくれることでしょう!

22:10 ベスト店長賞発表

今年最も会社に貢献した店長に贈られる、2018年の最優秀店長を決めるベスト店長賞の発表が行われました。

この栄冠を手にしたのは…

イオンモール沖縄ライカム店 砂川店長!

前年比売上・予算達成率・顧客満足度が秀でて高く、全国のエリアマネージャー・スーパーバイザーからの評価を得て、砂川店長が見事BEST店長に選ばれました。

思わぬ表彰に喜びを隠しきれないまま、明石営業本部長から表彰状を受け取る砂川店長。

そしてその本人以上に、感動で号泣する沖縄地区スーパーバイザーの登野原SV。

砂川店長属する沖縄地区を中心に、会場からは砂川店長へ惜しみない拍手が贈られました!!

22:20 2018年総括

今年も一年、OWNDAYSは成長してきました。

OWNDAYSが刻んできた2018年の軌跡が、スライドショーとしてスクリーンに流されていきます。

短パン社長によるSNS研修。

OWNDAYS11カ国目となる香港への進出。

西野亮廣さんとのサーカス!共同開催。

OWNDAYS FUN MEETINGの開催。

『破天荒フェニックス』の出版と、大ヒットによる社長のメディア進出。

明石超本部長とMassaによるバンジージャンプ。

一般のOWNDAYSファンの方を交えてのOWNDAYS Eye Camp開催。

新業態SEVEN DAYS OPTICのオープン。

Lキャタルトン、三井物産との資本業務提携。

そして、12カ国目となるOWNDAYSのインド進出の発表。

2018年も数え切れないほどたくさんの出来事とドラマがありました。

スクリーンの映像が変わるたびに会場からは拍手や歓声が沸き起こり、今年一年を振り返るスタッフたちの顔には穏やかな表情が浮かんでいました。

22:25 社長TIME

最後は我らがBIG BOSS、田中社長の締めの言葉で閉幕へと向かいます。

フィナーレはOWNDAYS世界共通、恒例の「エイ!エイ!OWNDAYS!!」

社長の掛け声とともに会場の全員が拳を突き上げ、最高潮の盛り上がりのままOWNDAYS YEAR-END PARTY 2018は無事その幕を閉じました!!

今年もいろんな出来事を経験し、乗り越え、成長してきたOWNDAYS。

私たちOWNDAYSは、さらなる成長のために2019年も変化と進化への挑戦をし続け、社会に必要とされる「関わる人全てを豊かにする」会社を目指していきます。

[Photo Snap]

一年を締めくくるにふさわしい大パーティー、OWNDAYS YEAR-END PARTY 2018これにて閉幕!!また来年も共に歩み、OWNDAYSに成功の足跡を刻んでいきましょう!!

皆の笑顔とはしゃぎっぷりを集めてみました!