中村 綾|働いてる人のインタビュー

中村 綾 Nakamura Aya

2014年入社 人事部 兼 那覇国際通り店 店舗スタッフ

わたし流の伝え方。

オンデーズにはいろんなことに挑戦できる環境があって、日々刺激を受けられるっていう意味で、わたしの背中を押してくれる場所ですね。

人事と販売を今兼任しているんですけど、そもそも人事に興味を持ったのは、就職活動中に就活生と人事部の人との関わりにすごく重要性を感じたことがきっかけです。

就活生にとって人事の人は初めて出会う社会人で、人生の先輩ということもあって憧れを感じたんです。

実際に入社してからも社員と深く関わりを持つ部署なので、学生と会社を繋ぐ大切な窓口だと思っています。

入社した当初は、一般の店舗スタッフとしてお店で勤務を始めました。

入社して数ヶ月経った頃に県外で店舗の応援を経験したんですけど、沖縄に帰ってきた時にもう「少し刺激が欲しいな」と思っていたところに、ちょうど人事部の社内公募が出ていたんです。

それに応募したのが人事の仕事に関わるようになったきっかけですね。

自分が輝く舞台。

入社して半年で人事の経験もなく、人事の仕事をすることになったので、初めは前任の人の仕事を引き継いで手探り状態で始まりました。

やっぱり最初は大変でしたけど、今は人事の仕事にもだいぶ慣れてきて、自分なりの仕事の仕方をしたり、自分の人脈を使って求人をかける新しい学校の開拓ができるようになってきたと思います。

今はもう、説明会に来た学生に会社の説明もちゃんとできるようになりました。学生の方にオンデーズの説明をしていると、オンデーズがどんな会社なのかっていうのを改めて客観視できるようになるんですけど、実際自分の仕事を客観的に見た時「わたし今、充実して働けているな」って思いますね。

誰かの「憧れ」になる。

これからも人事の仕事と並行して、販売員としてもお店のことを頑張っていきたいと思っています。

そうしないと学生の方々に、オンデーズの軸となる販売の楽しさややりがいを伝えきれないと思ので、現場で働くことも大切にしていきたいと考えています。

そして人事として働くときは、自分の姿が学生の方にとっての人生の先輩として「憧れ」になるような、そんな姿を見せていきたいと思っています。

オンデーズを支えていきたいと思います。