北村 俊 Kitamura Shun

2014年入社 本社 店舗設計施工グループ

自ら飛び込んだ修業の場。

オンデーズに入社しようと思ったのは、第一に「仕事の幅を広げたい」っていうのがありました。

前の会社だとずっと会社にいて、現場も見ずに言われたことだけやるっていう毎日だったんですけど、僕の中で「このままじゃいけないな」っていう気持ちが大きくて。自分で現場に行って、自分が図面で描いた物が実際どう作られているのかっていうのを、最後まで見届けられるような仕事の仕方がしたかったんです。

これからチェーン展開して行く会社だったらなおさら物件数を担当できるので、20代のうちにたくさん経験を積みたかったっていうのがオンデーズを決めた大きな理由ですね。

自分らしさを加える楽しさ。

オンデーズでは、とにかく自分がしたいことを自由にさせてくれます。

他の会社だったら上司が何人もいて、お伺いを立ててっていうプロセスを踏まないといけないし、自分の意見が提案できないことのほうが多いです。

ただ、オンデーズの場合は社長に直接「こういう雰囲気の店舗はどうですか」「こういう什器はどうですか」っていうことを面と向かって提案することができる。

こういうことができるのもいろんな面でも訓練になるし、僕はいい環境だなって思っています。

ブランディング的には「同じお店」を作っていかないといけないんですけど、その範囲の中でも、できるだけいいデザインとか新しいギミックを取り入れていくように心がけています。

毎度同じものばかり作っていてもマンネリ化してしまうし、自分が前に進んでいない気がしてくるので。

そうやって少しずつ変化を加えていくと、一年後二年後に今までの自分の変化が形として見えてくるので、そういう変化を自分の楽しみにしています。

「オンデーズ」の武器になる。

オンデーズはまだまだこれから規模が大きくなるし、新しいことに挑戦して行くと思うんですけど、今後違うコンセプトでお店を出したり新しい事業を起こしたりする時に、「オンデーズ」の武器になるデザインを考えられる存在になりたいと思っています。

物件を取りに行く時も、設計のデザイン良し悪しで取れるか取れないかが決まったりすることもあるので、そういう点でもっと頼られる存在になって、積極的に自分の元にデザインの依頼を回してもらえるような存在になっていきたいですね。