平林 真之 Hirabayashi Masayuki

2013年入社 西日本地区 エリアマネージャー

乗り越えた分だけ広がる世界。

最初はアルバイトで入社しましたが、仕事ができるようになればなるほど、出会う人も増え、お客様にも喜んでもらえるし、自分にとって楽しいと思えることが増えていったんです。

大変なこともありましたけど乗り越えたときの楽しさもあるし、そういう経験をもっと増やしたいと思い、社員になりました。

その頃からエリアマネージャーの解散総選挙はすでに始まっていて、その舞台に立つエリアマネージャーの方々がかっこよく見えてたんですね。いつかは自分も同じステージに立って一緒に仕事がしたい、そしてその人たちを超えたいと思っていたんです。

社員になって店長になったらそれで終わりという意識はなくて、もっとたくさんの人と仕事をして、もっと自分を知ってくれる人を増やして、自分の世界をどんどん広げていきたいという思いがあったので、そういった思いがエリアマネージャーを目指すモチベーションに繋がっていました。

「苦手」は成長できる可能性があるということ。

自分が働く上で基準にしている指標が「目立つが勝ち」という会社の理念です。

自分のことを知ってもらわないと、周りも自分に協力はしてくれないし、自分のことを知ってもらう努力をすればするほど、もっと周りを巻き込んで自分の力を2倍にも3倍にも広げることができるという考え方にすごく共感する部分があったんです。

正直に言うとそれは自分にとって少し苦手な部分だったんですけど、逆にそれが出来るようになれば自分は絶対すごい人間になれると思って、まずは自分を知ってもらうために必要な努力をどんどんやっていこうと決めました。それによって自分のことを知ってくれる人も増えたので、喜びを感じる回数がものすごく増えましたね。

動ける人間がたくさんいる会社に。

僕はOWNDAYSを「超参加型」の会社にしていきたいんです。自らが率先して行動することで、やりがいがいっぱい見つかるんですよ。

やろうと思う意思と実際の行動があれば、大体のことは出来ることを伝えたいし、やりがいが見つかれば会社にいる充実感もすごく増えていくことを伝えたいんです。それが他の人の働く意欲にも繋がっていくので、行動に移せる人をたくさん増やしたいですね。そうやって切磋琢磨できるライバルがどんどん増えていけば、それだけ会社を大きく盛り上げることができると思うので、まずは自分で行動を起こして、周りをどんどん巻き込みながら働いていきたいと思っています。