OWNDAYS SUMMIT

in SINGAPORE 2016

2016.3.21

進出から2年8ヶ月。

当時4名だったOWNDAYS SINGAPOREは、現在200名を超える仲間へと拡大し、店舗数は17店舗となりました。

2016年3月21日。数え切れない努力と挑戦の日々の中で出会えた200名の仲間たちと、シンガポールで最もアツい祭典「OWNDAYS SUMMIT in SINGAPORE」が開催されました!

18:30 開場 OPENING

今回の会場に選ばれたのは世界有数のリゾートアイランド、「セントーサ島」シンガポールの南に位置し、レジャーも豊富なビーチリゾートです。

そんなセントーサ島人気No.1のビーチクラブ「WAVE HOUSE」でOWNDAYS SUMMITが行なわれました。

ビーチならではのリゾートファッションで会場にやってきたスタッフたちは、もちろんテンション高め。みんなフレンドリーで久々に会う仲間たちと写真やおしゃべりを楽しみ、会場のボルテージはどんどん上がっていきます。

スタッフの鼓動スピードに合わせてDJ Shujiのサウンドもヒートアップ。

会場のテンションが最高潮へと上がり、いよいよ開会の時を迎えますッ!!

19:15 開会宣言 OPENING DECLARATION

セントーサ島のヤシの木が徐々に赤く染まるサンセットタイム。

美しい夕日を背に、スクリーンにはVTRが流れます。

スタッフとの誕生日祝い…本部での会議…昔のオフィス…新店オープン準備……

OWNDAYS SINGAPOREが歩んできたたくさんの毎日の写真が次々と映し出されていきます。

スクリーンいっぱいの写真に合わせて会場から大きな歓声が上がりました。

どこからともなく会場にアシスタントMC Nurulのアナウンスが流れてきました。

「Ladies & Gentleman!! Welcome to OWNDAYS SUMMIT in SINGAPORE---!!!!」

会場中響きわたる歓喜の声!!

さらに力強いNurulの声は続きます。

「Today's MCーーーー isーーー Massaーーーー!!!」

大歓声の中、ステージにMC Massaが登場!!

Massaはもはや世界のMC。日本、シンガポールと海を越えMCを務めます。

MC Massaお得意の会場煽りで会場のテンションは一気にMAXに!

『OWNDAYS SUMMIT IN SINGAPORE!! Here we go!!』

の掛け声と共にSUMMITがスタートしました!

19:30 OWNDAYS SINGAPORE Managing Director 海山丈司 SPEECH

OWNDAYS SINGAPOREの成長はこの男無くして語れない。

いつもはクールな海山さんも200人を超えるOWNDAYS SINGAPORE Staffの歓声を前に、アツい言葉を贈ってくれました。

『まだまだオンデーズシンガポール止まらない!勝負はこれからだ!』

海山さんの「前へ」「前へ」という意気込みがステージでも現れて、会場中熱い熱気に包まれました。

19:35 店長解散総選挙結果発表 GENERAL ELECTION RESULTS

2015年3月に行われた店長総選挙。

昨年は誰もが予想しなかったKELVINとSHERWINの落選…。

新たに受かった新店長の歓喜とまさかの落選を味わい涙した2人の挫折が混在したあの舞台から1年。

今年はどんなドラマが生まれるのか、会場の期待も高まります。

予選を勝ち残った22名から4月オープンの新店舗を含めた、計18店舗の店長が選ばれる今回の解散総選挙。

結果発表が始まり、新店長に選ばれた18名の名前が読み上げられます!!

18位 MAXINE

店長選挙に立候補し続けて落選するも諦めずに手を上げ続け、ついに念願の店長に!

17位 PHILIP

2人目の子が生まれ、これからの活躍に増々期待がかかるお父さん!

16位 CHRIS

奥さんも弟もオンデーズで働く家族ぐるみのオンデーズマン!

15位 PEGGY

入社4カ月目から果敢に店長選挙に立候補!今回は見事当選!

14位 CLEMENT

どんな仕事も小さな事からコツコツとマジメに取り組んできた男!堂々の当選!

13位 SERENE

長い眼鏡業界の経験を持つスペシャリスト。知識を生かして見事当選!

12位 ADAM

いつも笑顔でサマセットの副店長から大型店店長に一気に登りつめた男はキッチリ結果を出した!

11位 Desmond Foo

シンガポールで唯一オプティシャンの資格も無しで店長の座を守り続けるイケメン男子は健在だ!

10位 Willie

昨年の選挙でセールススタッフでありながら店長に合格した若手は1年で大きく成長した!

9位 Vinnie

シンガポールNo.1の売上げを誇るnex店の店長を1年守り続けた実績は本物だ!

8位 Chervone

今年は出産を経験し産休を取りながらも見事8位当選!

7位 Ann Lee

コツコツと副店長としてマジメに仕事に取り組み、みんなに愛されてきた彼女は初当選でいきなり7位の座を獲得!

6位 Akira Tomizawa

若手の集まるサマセットのスタッフを1年間まとめ、安定の6位確保!

5位 Lyvern

初出産を経験し、初当選でいきなり4位の下剋上を果たした彼女は同票で圧巻の4位を獲得!

4位 Kelvin

シンガポール1号店目から支えてきた男は4位でも決して満足はしていない。悔しさの残る4位。

3位 March

わずか3ヶ月前に店長に初就任したばかりで、いきなり総選挙で3位当選!実力は伊達じゃない!

2位 Trevor

前回のエリアマネージャー選挙で3位。僅差で落選となってしまったが、誰も疑う事の無い実力と安定感で堂々に2位当選。彼の見ている目標は店長ではとどまらない!

1位 Sherwin

昨年の総選挙でまさかの落選で悔し涙を流してから1年。地獄を経験した男は腐ることもせず諦めずに1年頑張り続け、遂に頂点の座を掴んだ!彼こそミスターオンデーズだ!

Sherwinが1位を掴み取り会場は大きな拍手と歓声に包まれました。

勢い止まらぬOWNDAYS SINGAPORE18店舗の新たな店長たちが誕生しました!

20:15 FREE TIME

フリータイムが始まると、ブッフェスタイルのディナーやドリンクを楽しみ、各々のスタッフが写真を撮って過ごしていました。

そして!

今回の会場「WAVE HOUSE」にある人工波でサーフィン体験ができる大人気アトラクション[フローボーディング]を楽しみました!

みんなで水着に着替え、子供のようにハシャぎまくり、久しぶりに会う仲間や初めて会う仲間たちと、一緒になって飲み、食べ、笑い合えたひと時でした。

20:45 OWNDAYS I.R.A.C.2016 world max -Rookie-

2016年4月、日本のOWNDAYS SUMMITで開催される『OWNDAYS世界No.1技術者』を決めるワールドグランプリ。

そのシンガポール代表選手を決定する最終予選が決行されました。

昨年は見事シンガポールが世界一の称号を手にし、その栄光は輝き続けています。

国家資格者の集まるシンガポールでは、昨年を超えるハイレベルな戦いが予想され、緊張が高まります。

暗く静まり返った会場に響くMC Massaの十八番の雄叫び

『男の中の男よ!そのヤットコに神を宿らせよーー!!!!』

の掛け声と同時にI.R.A.C.の入場曲が流れ、各選手の入場!

予選を突破したRookie6名、Full Cert6名が入場すると会場から歓声と声援が飛び交い、テンションはマックスに!

全12名の選手がステージに揃うと、シンガポール国歌が流れます。

オリンピックさながらの緊張感が会場に広がりました。

Nurulからルール説明の最後に新たなコンテンツの紹介がありました。

今回から新たなコンテンツがシステムに加わり、なんと選手への応援コメントをオンデーズの選挙WEBサイトへ送信することで、会場のスクリーンにコメントがリアルタイムで配信されるようになったのです!

決勝戦がスタートすると、リアルタイムでのコメント配信にスタッフからもどんどんコメントが飛び交い、スクリーンに映し出されます。臨場感溢れる試合の中でおもしろコメントを送るスタッフもいたり、笑い溢れる一幕となりました!

【Rookie戦の6名】

エントリーNo.1 日本のアニメ大好き少女 Joycelyn

エントリーNo.2 ルーキー戦唯一の男子の優勝候補 Dennis

エントリーNo.3 眼鏡学校を卒業したばかりだが果敢に挑む Apple

エントリーNo.4 本部のラボ担当。ツーポ加工数ならオンデーズNo.1の優勝候補の一人 Winnie

エントリーNo.5 安定感抜群の実力をトーナメントで発揮できるのか? Adeline

エントリーNo.6 クールなイメージの彼女だがその実力はあなどれない Melody

そして結果発表………

最後の二人に残ったのはやはり優勝候補のDennisとWinnieの二人!

Winnieのタイムは驚異の8分53秒!

対するDennisは最後の調整にじっくりと時間を使い10分53秒。

勝者は………

Dennis!!!!

Dennisの勝利の歓喜と共に会場からは大歓声が。

そして勝利を確信していたWinnieは悔し涙を浮かべながらも8分53秒で終わらせて1位とわずか3ポイント差なのはさすが!オンデーズNo.1の加工数を誇る実力に惜しまない拍手が贈られました。

21:40 OWNDAYS I.R.A.C.2016 WORLD MAX –FULL CERT-

続いていよいよベテラン勢の揃うFull Cert戦が始まります。

【Full Cert戦の6名】

エントリーNo.1 何よりもビールが好きな Stanley

エントリーNo.2 大澤昌すら彼には勝つ自信がないと言わせる最強優勝候補 Steven

エントリーNo.3 昨年の世界チャンピオン!二連覇を目指す Kar Hong

エントリーNo.4 生まれたばかりの子供の為にも賞金獲得に燃える男 Marco

エントリーNo.5 野獣の中に一輪の華。ビューティークイーンの実力はあなどれない Jasmine

エントリーNo.6 昨年のシンガポール代表の一人。安定感を抜群 Trevor

Stevenは驚異の9分34秒で余裕のフィニッシュ。さすが世界中から一目置かれる男。

会場からは歓声が沸き起こります。

Stanleyは集中力を高め10分54秒でフィニッシュ。

必ずと言っていいほどビールを片手から離さないこの男はなんと、I.R.A.C.が始まるまで一滴もビールを飲んでいませんでした。

それほど、このI.R.A.Cに賭ける意気込みは強く、その熱意が会場にも伝わってきました。

昨年の覇者Kar HongはI.R.A.C.の戦い方を熟知しており、最後の調整にも余念がない計算された時間配分で13分27秒でフィニッシュ。

そして結果発表………

TOP2の発表です。

残ったのは……

Mr.BeerのStanleyと昨年のワールドチャンピオンKar Hong!

誰もがStevenの優勝を疑わなかっただけに会場からはどよめきが起こります。

Stevenは惜しくも3位。

勝負にたらればは禁物だが、あと1分でも最後の調整に時間を使っていれば…

……去年の大会を経験していれば………と誰もが思わずにはいられない、信じられない結果となりました。

そしていよいよ勝者の名前が呼ばれます………

Stanleyーーーーーーーー!!!!

会場中に歓喜と歓声が沸き起こりました。

やはり彼のこの大会への意気込みは半端じゃなかった、ビールを一滴も飲まずにステージに上がった彼は何かを起こす予感があった、とMC Massaからも祝福の言葉が贈られました。

そして昨年の世界チャンピオンKar Hongは負けて強しの堂々2位!

去年のチャンピオンはフロックでない事を証明してくれました!

ワールドグランプリへの切符を手にしたシンガポール代表はDennisとStanleyに決定!

2年連続優勝トロフィーをシンガポールに持ち帰る事を誓いました。

22:40 OWNDAYS by OWNDAYS

I.R.A.Cの興奮が冷めやらぬ中、突然照明が暗くなり、今年最もオンデーズらしかったスタッフに贈られる『OWNDAYS by OWNDAYS』の発表が行われました。

スクリーンに映し出されたのは………

Zoe Ng!!

彼女はこの1年間、セールススタッフから始め、コツコツとマジメに一生懸命働き、眼鏡学校に通い、そして見事国家資格を所得しました。それだけでなく店長選挙にも出馬し、遂にはその実力と功績が認められ副店長にまでなった、まさにオンデーズを象徴するようなスタッフです。

表彰者は今年からOWNDAYS SINGAPOREのゼネラルマネージャーになったToku小松原GMより、表彰状とお祝いの言葉が贈られました。

Zoeは驚きと喜びと感動が混ざった表情で、ステージに上がると、Zoeらしい元気な笑顔を見せてくれました。

22:55 OWNDAYS Group CEO 田中修治 Speech / 閉会

最後はやはり我らがビッグボス田中修治の登場!

『オンデーズがシンガポールに進出して3年目になります。

3年前に3人の日本人と3人のシンガポール人で始まったオンデーズは今ではこれだけ沢山のメンバーに増えました。

オンデーズシンガポールは社長の俺のモノ?

オンデーズシンガポールは海山丈司のモノ?

いや違う!オンデーズシンガポールはここに居るみんなのモノなんだよ!

そしてこれからオンデーズはここからもっとスピードとパワーを持って世界中に広げていこう!

俺の次の夢は、いつの日かここに居るスタッフからオンデーズシンガポールの社長が誕生する事を夢見ている!

そうすればオンデーズは次のステージに上がり、新しい世界が見えてくるから!』

と英語でメッセージを頂き、シンガポールのスタッフ全員に新たな気持ちが生まれたのは言うまでもありません。

最後は今では世界中のオンデーズで恒例の『エイ!エイ!オンデーズ!!』

シンガポールのビーチリゾートの夜にオンデーズシンガポールの歓声が響き感動のフィナーレとなりました。

OWNDAYS SUMMIT in SINGAPORE 2016!

オリジナルインスタフレームに収まりきらない、皆の笑顔とハシャギっぷりを集めてみました!